ホーム>住まいとお金のお役立ちマガジン> 子育て費用はいくら?住宅ローンと教育費用のバランス

子育て費用はいくら?住宅ローンと教育費用のバランス

住宅ローンについて検討するときには、必ず子どもの教育資金についても合わせて考えましょう。私立や国公立など希望する学校や進路により、必要な資金は大きく変わりますが、大学卒業までに、1,000万円以上のお金がかかります。住宅ローンに加えて「教育費用」とのバランスを考えることがマイホーム購入時の大きなポイントになります。

子どもの教育費用はいつどれくらいかかる?

マイホーム購入と同じように大きなお金がかかるのが子どもの教育費用です。子どもを各種学校に通わせるためにかかる費用は、その学校が公立なのか私立なのかで大きく変わります。そこで幼稚園から大学卒業までにかかる教育費の目安を知っておきましょう。

住宅ローンと教育費用の割合

マイホーム購入を考えるときには、今の収入からいくら住宅ローンを借りられるのか、毎月の返済額はどの程度まで支払えるのかを考えます。また、教育費とのバランスを考える中で、小学校から大学までオール公立でも約1,000万円、オール私立で2,000万円以上といった費用がかかることも見越しておく必要があります。

教育費用についてシュミレーションをするときは、いつ支出が増大するのかを把握するのも大切です。子どもが大学進学時期から急増します。教育費が増えるタイミングでも、支払いが可能な余裕のある返済プランを立てましょう。

教育費用を考えた場合の住宅ローンの ポイントとは?

大切なことは、「住宅ローンの返済と教育費用の負担を両立し続けれるか」ということです。以下に住宅ローンのチェックポイントいくつかあげてみました。

・子どもの人数や各進路について、夫婦で共有し、それを踏まえた資金計画になっているか?

・想定外のことが起こった場合(夫婦のどちらかの収入のみで返済等)でも返済可能なプランか?

・住宅ローンの各性質(変動金利など)を理解し、金利が高騰した場合でも返していけるか?

この記事のまとめ!

  1. マイホームを購入するというのは、「夫婦の夢」「子どもの住環境」のためといったとても楽しいライフイベントです。しかし、住宅ローンの返済と教育費用のバランスを押さえておかないと、家計が苦しくなり、大変な思いをすることだってありえます。豊かな生活環境と子供には希望する進路を両立できるよう、無理のない計画でマイホーム購入を考えましょう。

関連記事のご紹介

カテゴリから記事をさがす