ホーム>住まいとお金のお役立ちマガジン> マイホーム購入の前に!?ライフプランとは?

マイホーム購入の前に!?ライフプランとは?

「人生100年時代」をより豊かに過ごすためには、長期的な目で、「どんな人生にしたいのか」というライフプランを立てて、家族の将来をイメージするところからはじめましょう。人生には色んなライフイベントがあります。現在の収入と支出をはじめ、いつ、どのくらいの費用が必要になるのかを把握することが、ライフプランの実現に向けた第一歩になります。

生涯のライフイベントにかかるお金

一生涯を通して何にいくらかかるのでしょう。主なライフイベントにかかる費用の目安をまとめたらこのようになります。結婚や出産、マイホーム購入のほか、子どもの教育費など、どんなことに、どれくらいの金額がかかるのかを把握していれば、準備をはじめ対策もすることができます。

私立や国公立など希望する学校や進路により、必要な資金は大きく変わります。子どもが一人前になるまでは1,000万円以上の学費がかかりますので、幼稚園から大学卒業までにかかる教育費の目安を把握しておくと計画が立てやすくなります。

現在の収支をチェック。必要な時は見直しする

マイホーム購入といったライフイベント時は、家族の将来を考える良い機会です。必要なお金の目安が分かったら、次は、現在の家計を振り返ってみてください。月間や年間の収支を把握することで家計の状態がよく分かり、支出が収入を超える場合は見直しが必要です。

実際書き出してみましょう。お金の状態を「見える化」することはとても重要です。エクセルなどで表にする方法もありますが、資金管理のアプリを利用すると簡単に作成でき、管理するにもとても便利です。「見える化」する際には、不明な支出がないか確認しましょう。

住宅ローンは計画的に利用する

ライフイベントを把握し、家計の状態を見直したら、次は購入方法を考えます。予算はもちろん重要ですが、購入するタイミングも大切です。住宅ローンの返済期間は長期に渡り、35年が一般的。長期間の返済に不安を感じる方もたくさんいらっしゃると思います。また頭金の準備や理想の土地が見つかってからと先送りになっている方もいるでしょう。しかし、低金利が続いている今が、マイホームの買い時とも言えます。現金は手元に残し、住宅ローンを上手に活用していきましょう。

この記事のまとめ!

  1. 「どんな人生にしたいのか」というライフプランを作成することで、ライフイベントが発生した時に必要になるお金を計画的に準備でき、将来に対する不安を払拭することができます。まとまったお金が必要になるマイホーム購入時は、ご家族で話し合い、考えを共有し、ぜひ一度、ライフプランを立ててみてください。

関連記事のご紹介

カテゴリから記事をさがす