ホーム>住まいとお金のお役立ちマガジン> もう耐震だけでは不十分⁉地震から家を守るには?

もう耐震だけでは不十分⁉地震から家を守るには?

近年、大きな地震が度々日本を襲っています。最近の地震に多い「繰り返しの揺れ」。この頻発する地震に対応するためには、今までの「耐震」に加え、「制震」という技術が必要です。今回は、その「制震」とMIRAIEについてご紹介します。

建物の地震対策

地震に強い家づくりと聞いて最初に思いつく言葉は、やはり「耐震」という言葉ではないでしょうか?
実は、建物の地震対策は「耐震」・「制震」・「免震」と大きく分けて3つあります。

 

耐震・制震・免震とは?

この3種類を簡単に説明すると…

・耐震:建物を強くして揺れに耐える
・制震:揺れを吸収し、地震を抑える
・免震:建物と地盤を切り離して、揺れを伝えにくくする

 

耐震と制震

この3つの中から、今注目を集めている「耐震」と「制震」に絞ってお伝えしていきます。

耐震の特徴

耐震とは、柱・梁・壁などの強度を上げて、揺れに耐える地震対策です。
建物が地震のエネルギーを全て受け止めて耐えようとするため、
構造へのダメージが大きく、損傷が蓄積されていきます。
そのため、連続した地震への対応には不向きと言えます。

 

制震の特徴

制震とは、ダンパーなどの揺れを吸収する装置を設置して、
揺れを制御する地震対策です。
地震のエネルギーを装置が吸収して逃がすため、
建物へのダメージを抑えることができ、損傷を深く心配する必要もありません。

 

耐震のメリット・デメリット

メリット

1.工事費用が低価格
制震や免震に比べて、価格が安いことが大きなメリットです。

2.工事が短期間
特殊な工事を必要としないため、工期が短く済みます。

3.地盤や立地での制約がない
例えば、装置を設置するスペースや地下室が作れないなどの条件が制震や免震にはあります。

デメリット

1.ダメージが蓄積される
頻発地震の場合、蓄積されたダメージによって、最悪倒壊する可能性も…。

2.二次被害が起こりやすい
建物への損傷がなくても、家具や物の転倒、それに伴うケガの可能性もあります。

 

 

制震メリット・デメリット

メリット

1.揺れが抑えられる
揺れが吸収されるため、耐震より揺れ幅が少なくなります。

2.メンテナンスが簡単
設置する装置の種類にもよりますが、定期メンテナンス不要な物もあります。

3.台風や強風にも強い
免震は地震による横揺れのみに力を発揮しますが、制震は台風による強風など様々な揺れに対応します。

デメリット

1.耐震よりややコストが高い

2.間取りに影響することがある
効果的な場所に装置を設置するため、間取りや構造が制限されることがある。

 

これからの地震対策

では、これから私たちが安心・安全に暮らしていくためには、どの地震対策を取り入れればよいのでしょうか?

 

日本の現状

そもそも建物は「建築基準法」という法律に基づいて建てられており、その中に「耐震基準」が定められています。
※耐震基準:建築中の建物が満たすべき耐震能力の最低限の基準。
これまでも建築基準法は大きな地震が起きる度に検証・改正されてきています。
しかし、現在の耐震基準では近年の大規模地震、また頻発する余震に耐えられなくなってきています。

 

最大限の効果を発揮する 新しい耐震性能

この状況に対応すべく現在注目を集めているのが、「耐震」+「制震」という新しい耐震性能の形です!
ユウキホームでは、この「制震」を実現する制震ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」を標準仕様として導入。
これにより、高い耐震性能を実現しました。

 

MIRAIEの特徴

1.熊本地震での全壊・半壊0
最大震度7を2度観測した熊本地震で、MIRAIEを導入していた建物は全壊・半壊0でした。

2.高い制震性能
MIRAIEは、建物の揺れ幅を最大95%低減することが出来ます。

3.歴史的建造物にも採用!
制震性能の高さが実証され、熊本城天守閣の耐震改修工事に住友ゴムの制震ダンパーが採用。
また、京都の東本願寺にもMIRAIEが使われています。

4.90年間メンテナンスの必要なし!
一度設置すると、部品交換や点検などのメンテナンスの必要がありません。
その分メンテナンス費用もかからず安心です。

 

他にも素晴らしい特徴がたくさんあるので、詳しく知りたい方はぜひHPをご覧ください。

☝画像クリックでMIRAIEのHPへ

 

 

  1. 耐震とは、壁などの強度を上げて揺れに耐える対策で、連続した地震への対応には向いていない。
  2. 制震とは、ダンパーなどで揺れを吸収して制御する対策で、最近の頻発地震にも効果的でメンテナンスも簡単!
  3. 今後の地震対策として、「耐震+制震」という新しい形の耐震性能を取り入れるとより安心です。

関連記事のご紹介